スーパー・
ストーリーズ

才能を発揮し、アイディアを活かすことに成功した企業家やデザイナーやアーティストのストーリー。彼らは日々邁進し、クレアティブ・フランスに脚光を当てるイノベーターだ。

ガストロノミー

ティエリー・マルクス、 前衛的なシェフ

クレアティブ・フランスはひとつのストーリーであり、そこに登場するのは、フランスの文化的な遺産を再発見し続けるフランス人の男たちや女たちだ。例えば、ティエリー・マルクス。彼はフランスのガストロノミーを新しい時代に突入させた、未来志向のイノベーターだ。

これはティエリー・マルクスのストーリーだ。彼は前衛的な料理人で、科学的な観察というプリズムを通して、各食材やフランスの伝統的なレシピの特徴を前面に押し出し、最適化しようと常に探求し続けている。 分子料理の先駆者の1人として彼は既成概念を打ち破る技術を好んで使い、ガストロノミーの境界線を越えていく。彼は例えば液体窒素を使って食材を瞬間的に冷凍し、面白いテクスチャーを生み出していく。 ティエリー・マルクスのストーリーは、ただの星つきシェフのストーリーではない。それは科学の虜になった1人の男のストーリーでもあり、化学者のラファエル・オーモンと共同で、料理革新センターを創設した。 彼のおかげで職人と生産者と研究者たちの間で共同作業が行われるようになり、また持続可能な食生活や食品の保護といったテーマが前面に押し出されるようになった。 ティエリー・マルクスのストーリーはまた、料理界で働こうとする人たちに、より早く効率的な職業訓練を提供することにもつながった。 ティエリー・マルクスのストーリーは未来志向の料理人のストーリーであり、彼には未来のフランスについてのヴィジョンがある。